野球の監督がユニフォームを着るのはなぜ?その意外な理由とは

「スポーツの監督っていつもどんな服装だったかな?」
「野球はいつも監督も選手と同様にユニフォームを着ている気がする」

そのような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?
確かに多くのスポーツの場合、監督がユニフォームを着ることはなく、スーツやジャージを着ていることが多いです。

今回は、野球の監督がユニフォームを着る理由を紹介します。

 

□野球の監督がユニフォームを着る理由

*伝統

昔は選手が監督兼選手としてプレイしていることが多く、監督はいませんでした。
試合に出場する選手はユニフォームを着ることが義務付けられているため、当然着ることになります。
そのため、全員がユニフォームを着ており、その名残が現代まで残っています。

*野球独特の試合進行

野球はプレイが中断しているときにのみ、監督が競技領域に入れます。
他のスポーツではあまり見られない光景で、これによって監督はいまでも選手と同様にユニフォームを着ているそうです。
しかしながら、監督がユニフォームを着なければならないルールは存在せず、基本的に服装は自由となっています。

 

□まとめ

今回は、野球の監督がユニフォームを着る理由について紹介しました。
野球の監督は、伝統を守るためや競技を円滑に行うためにユニフォームを着ていることが分かったかと思います。
ぜひ、今度野球を観戦するときは、これらのことを思い出して、監督を探してみてくださいね。

ユニフォームの洗濯にお困りの方へ!洗濯洗剤の選び方のポイントとは

「ユニフォームは汚いことが多いからきれいに洗うのが難しい」
「どのような洗剤を使用したらいいのか分からない」

このようなお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?
ユニフォームの多くは、泥汚れや汗の臭いが気になり、洗濯の際に困りますよね。
そのため、使用する洗剤の選び方が大事になります。
そこで今回は、ユニフォーム用の洗濯洗剤の選び方のポイントを紹介します。

 

□ユニフォーム用の洗濯洗剤の選び方のポイント

*界面活性剤の含有量

ユニフォームは、生地の多くの場所が皮膚に直接触れているため、汚れやすくなっています。
そのような汚れは皮脂汚れと呼ばれていて、汚れを乳化してから分離させなければなりません。
界面活性剤の含有量が多い洗剤だと、この作業を楽に行えます。

*水溶液の性質

水溶液の性質も洗濯の出来に大きく関わってきます。
弱アルカリ性もしくは中性の洗剤であると、汚れを落とす力は強いです。
しかしこれ以外のものを選ぶと汚れ落としの効果はあまりありません。

 

□まとめ

今回は、ユニフォーム用の洗濯洗剤の選び方のポイントについて紹介しました。
ユニフォームがきれいに洗濯できるかは、効果的な性質を持つ洗剤を選べるかで決まります。
ぜひこれらを参考にして、気持ちよく使えるようなユニフォームに仕上げてください。

ユニフォームの洗濯にお困りの方必見!おすすめの洗濯洗剤とは

「ユニフォームがきれいに洗えない」
「使っている洗剤は本当に効果があるのかな?」
このようなお悩みや疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?
ユニフォームの汚れや臭いがうまく取れずに困っている方は大勢いらっしゃいます。
しかし、すべての洗剤を試すことはできないですよね。
そこで今回は、ユニフォームの洗濯におすすめの洗剤を紹介します!

 

□ユニフォームの洗濯におすすめの洗剤

*ポール

ポールは泥汚れ向け洗剤で、粉末タイプの洗剤です。
洗濯洗剤の中でもロングセラー商品で、多くの方に信頼されて使用されています。
お湯に洗剤を混ぜてユニフォームをつけおきしておくと、きれいに汚れが落ちます。

*ウタマロ石けん

ウタマロは、部分的な取れにくい汚れを落とすために使用されている固形型の石けんです。
洗濯だけでは取れない汚れがあるときに、非常に便利です。

*レギュラー

レギュラーは、元野球選手が開発した洗剤で、洗濯機にそのまま入れるだけで簡単に使用できます。
漂白剤と蛍光増白剤が多く含まれているので、汚れも取れやすくなっています。

 

□まとめ

今回は、ユニフォームの洗濯におすすめの洗剤について紹介しました。
どの洗剤を選んでも、ユニフォームがきれいになることは間違いありません。
しかし、紹介した3つの石けんはどれも洗い方が違うので、しっかり説明を見てお試しくださいね。

オーダーユニフォームの値段の相場を教えます!

「フットサルチームやサッカーチームのユニフォームを揃えたい」
「ユニフォームってオーダーメイドだといくらかかるのかな?」

このようなお悩みや疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?
気軽にできるフットサルやサッカーをはじめとするスポーツに興味を持っていて、何かしらのチームに所属している方も多いのではないでしょうか。
そのため、オーダーユニフォームを購入する方も多いです。
そこで今回は、オーダーユニフォームの相場を紹介します。

 

□オーダーユニフォームの相場

*半袖シャツ

半袖シャツは1枚、3800円~6000円が相場です。
シャツの加工によって、その値段は大きく変わります。
しかし、最も安価なものを選べば、手軽に購入できるものです。

*パンツ

パンツは3000円~5000円が相場です。
こちらは紐付きにするかで値段が変わることが多いです。
もし紐が必要なければ、費用を抑えられます。

*マーキングプリント

こちらはオプションでつけられるプリントのことです。
胸番号や背番号が含まれます。
胸は約600円、背番号は約800円となっています。
それほど高価ではないので、ユニフォームの購入とともに利用される方が多いです

 

□まとめ

今回はオーダーユニフォームの相場について紹介しました。
オーダーユニフォームは、意外と安価に購入できることがわかっていただけたかと思います。
こちらを参考にして、世界に1つしかないユニフォームを作りましょう!

これなら安心!サイン入りユニフォームの管理法とは

「昔ユニフォームに書いてもらった有名選手のサインが消えそう。」
「サイン入りユニフォームってどう扱ったらいいの?」
このようなお悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
せっかくもらったサインが日を追うごとに消えかかっていく、なんてことになりたくないですよね。
そこで今回はサイン入りユニフォームの管理方法を紹介します。

 

□サイン入りユニフォームの管理方法

*必ず手洗い

サイン入りユニフォームを使用している場合、どこかのタイミングで洗濯をしなければなりません。
そこで必要となるのが、手洗い洗濯です。
多くの人は、クリーニングに出した方が安心と思うかもしれません。
しかし、他の衣服とまとめて洗浄することが多いので、サインが消えてしまうケースが後を絶ちません。
そのため、自分で丁寧に洗うようにしましょう。

*ブラッシング

部屋に飾る場合、定期的なブラッシングをする必要があります。
これにより、ホコリが付くことを防ぎ、長期の状態維持が期待できます。

*額縁収納

保管方法としては額縁収納が一番優れています。
ユニフォームが外気に直接触れることがなく、劣化しにくいです。
また、飾る際の見た目もいいので、多くの方に人気です。

 

□まとめ

今回は、サイン入りユニフォームの管理方法について紹介しました。
サイン入りユニフォームはその時の思い出も詰まっているので、しっかりとした管理方法をとり、長く保管できるようにしてください。

スポーツユニフォームを作る方必見!おすすめのユニフォーム生地とは

「スポーツユニフォームを作りたいけど、どんな生地が一番使いやすいの?」
このようなお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?
今ではさまざまな化学繊維が作られ、質の高い生地がスポーツユニフォームに使用されています。
しかし、どの生地にもそれぞれに特徴があるので、ユニフォームを作る際にどれを使うか迷ってしまうのではないでしょうか。
そこで今回は、おすすめのスポーツユニフォームの生地を紹介します。

□おすすめのスポーツユニフォームの生地

*アクアドライ

アクアドライは、密度の違う2種類の繊維を使用した二重構造が特徴です。
吸汗速乾と着心地の良さが人気の生地です。
バレーやサッカーのユニフォームに使用されているだけでなく、その他のスポーツにも幅広く利用されています。

*ダブルメッシュ

ダブルメッシュは通気性に優れていて、凹凸の多い素材です。
サッカーやフットサルのユニフォームで使用されることが多く、人気です。
また、透けにくい構造となっているため、女性が使用する場合におすすめの生地と言えます。

*スパッシー

スパッシーはポリエステル100%の生地で、吸汗速乾に優れています。
卓球のユニフォームに使われることが多く、その肌触りが人気です。

 

□まとめ

今回は、おすすめのスポーツユニフォームの生地について紹介しました。
どれも使いやすいですが、使用するスポーツによって必要とされる機能も違います。
そのため、スポーツユニフォームを作る際は注意して生地を選んでくださいね。

【ユニフォーム屋さんが伝授】スウェットについた毛玉の取り方を教えます!

「気づいたらスウェットにたくさん毛玉ができてた。」
「どうやったら毛玉がつかないようにできるのだろう。」
スウェットを良く着用する方の悩みが、スウェットに毛玉ができることではないでしょうか。
そこで、今回はそのような方必見の毛玉の取り方と毛玉をできにくくする予防策を解説します。

 

□毛玉の取り方

毛玉を取り除く際に注意しなければならない点は、指でむしり取ってはいけないということです。
指でむしり取ると、毛玉がついていた箇所だけユニフォームの生地が薄くなってしまいます。
そのため、毛玉取り機や専用ブラシを使うことをおすすめします。
これを使って、ユニフォームの生地を傷めずに毛玉だけを取り除くようにしましょう。

 

□毛玉をできないようにする予防策

毛玉ができる原因は摩耗です。
そのため、洗濯ネットの利用や普段使っているカバンの持ち方を変えることで、摩耗の影響を小さくできます。

 

□まとめ

以上、毛玉の取り方と予防策についてご紹介しました。
はじめは難しい手順があるのかと身構えたかもしれませんが、意外と簡単で驚いたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、毛玉を上手に対処してくださいね!
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

【ユニフォーム屋さんが伝授】ユニフォームに綺麗なサインをもらう方法!

「どうやったら綺麗にサインを書いてもらえるだろう?」
「せっかくサインを書いてもらうなら、選手にも気持ちよく書いてほしい!」
ユニフォームにサインを書いてもらう際によく悩むのが、選手にサインを綺麗に書いてもらう方法ではないでしょうか。
そこで、今回はこれからユニフォームにもらうサインを綺麗にしたい方必見のユニフォームの持ち方やペンの選び方について解説します。

 

□ユニフォームの持ち方

サインを欲しい場所の上部を両手でユニフォームが張るように持ちましょう。
選手がサインを書くときにユニフォームの下側を持つことで、サインを書く場所を平らにできるので、上手なサインを書いてもらえるようになりますよ。

 

□ペンの選び方

まず、水性ペンは避けるようにしましょう。
せっかく書いてもらったサインが洗濯ですぐに取れてしまいます。
おすすめのペンは黒の油性ペンです。
さらに、細かいところにこだわると、ペン先が丸いもので太いペンを選ぶようにしましょう。
ペンにこだわることで、綺麗にサインを残すことができますよ。

 

□まとめ

以上、ユニフォームにサインを綺麗に書いてもらう方法についてご紹介しました。
はじめは難しそうに思ったかもしれませんが、意外と簡単で驚いたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、手持ちのユニフォームに綺麗なサインを増やしていきましょう!

【サッカーのユニフォーム】ヴィンテージユニフォームはご存知ですか?

「もうかなり昔に引退しているけど、お気に入りの選手だから現役当時のユニフォームを入手したい。」
「この年代のユニフォームが欲しい!」
このように、昔のユニフォームを入手する方法に悩まされていませんか。
そこで、今回は昔のユニフォームを手に入れたい方必見のヴィンテージユニフォームの世界を解説します。

 

□ヴィンテージユニフォームとは?

ヴィンテージユニフォームとは中古のユニフォームのことです。
使わなくなったユニフォームを様々な方が売りにくるので、今は公式販売していない国別代表やクラブチームのユニフォームを発見することができます。
ヴィンテージユニフォームを入手する他の手段として、ネットオークションが挙げられます。
ネットオークションは超レアユニフォームが出展されている可能性がありますが、時間限定の出展であることが多いです。
そのため、タイミングが合わなければ手に入れることはできません。
したがって、一度ヴィンテージユニフォームを扱っているお店で目的の商品を探してみることをおすすめします。

 

□まとめ

以上、ヴィンテージユニフォームについてご紹介しました。
今まで入手困難だからとあきらめていたユニフォームが手に入るかもしれませんよ!
今回の記事を参考に、あなたが求めているユニフォームを探してみてください。

オリジナルユニフォームを作る際に便利なツール、ユニフォームシミュレータを知っていますか?

「ユニフォームのデザインは頭で想像できているけど…」
「本当にこのデザインで良いのか確認したいな。」
オリジナルユニフォームを作成する際に欲しいのが、思い浮かんだデザインを手元で確認できるツールではないでしょうか。
そこで、今回はユニフォームを作成する際に使える便利ツール「ユニフォームシミュレータ」をご紹介します。

 

□ユニフォームシミュレータとは?

Webブラウザ上でユニフォームの形・色・柄などを選択し、オリジナルユニフォームのイメージを作成するツールのことです。
あらかじめ注文する前に頭の中のイメージを可視化できるので、実際に作成したユニフォームとのずれを無くすことができます。
さらに、何通りものユニフォームを試すことができるので、あなたにとって満足度の高いオリジナルユニフォームを作れるのではないでしょうか。
また、サッカーや陸上競技など、様々なスポーツのシミュレータが用意されており、あなたの用途に適したユニフォームのイメージを作成できます。

 

□まとめ

以上、ユニフォームシミュレータをご紹介しました。
シミュレータを使うことで、よりよいデザインを追求できるのではないでしょうか。
ぜひ、今回の記事を参考にシミュレータの使用を検討してみてください。
これからは便利ツールを駆使して自分だけのオリジナルユニフォームを作っていきましょう!