大きめ?小さめ?ユニフォームのサイズ感のポイント

ユニフォームを着る機会があるけれど、どんなサイズ感にすればいいのかわからないという方はいませんか?
ジャストサイズのもの、大きめのサイズのものなど幅がたくさんあって悩みますよね。
そこで今回は、ユニフォームを着るときのサイズ選びのポイントについてお話しします。

□ラインを強調!小さめサイズ

自分の体にぴったりなサイズ、または少し小さめのサイズを選ぶと、体のラインがはっきり出ます。
普段体を鍛えていてその成果を見せたいという人や、体のラインに自信があって、さらに体をすっきり見せたいという人におすすめなのがこのサイズ感です。
肌寒いときに上着をすっきりと羽織れるのもポイントです。

□無難を選ぶならこれ!標準サイズ

極端に小さかったり大きかったりするサイズが嫌だという人にはこのサイズ感がおすすめです。
小さめサイズと同じくすっきりと着こなせますし、人に貸す場合にも対応しやすいです。

□おしゃれ上級者?大きめサイズ

自分の体よりもかなり大きいサイズを選ぶと、体のラインをカモフラージュできます。
また、女性が大きめサイズのユニフォームを着ていると可愛いと言う男性が多いですよね。
少しくらい体形が変わっても対応できます。

□まとめ

以上、ユニフォームのサイズ感選びのポイントについてお話ししました。
自分の希望に合わせたサイズ感を選んで、ユニフォームを着こなしてみてはいかがでしょうか。

部活を頑張る中学生にも!かっこいい練習用ユニフォームをつくりたい!

「中学生の部活でおそろいのユニフォームをつくりたい!」
「試合用とは別に練習用のユニフォームが欲しい!」
このように考えている方はいらっしゃいませんか?
今回は、部活でユニフォームをつくる場合のコツをいくつかお話しします。

□シンプルイズベスト!

既成のユニフォームでそろえることもできますが、せっかくなら自分たちでデザインしたユニフォームを着てみてはいかがでしょうか。
最近は簡単にデザインができる業者も増えているようです。
自分たちが納得するまでデザインを出し合って決めたり、いくつかデザインを提案してから本人たちで選んだりすることで、愛着がわきますよね。

□せっかくなら背番号を!

せっかくのユニフォームですから、自分のものだというしるしがあったら嬉しいですね。
番号をプリントできる場合がほとんどなので、背番号をプリントしてみてはいかがでしょうか?
自分のユニフォームだという実感がわきますし、やる気も出てくることでしょう。
普段の練習から番号を身につけることによって、番号を背負っているという自覚も生まれます。

□まとめ

以上、部活でユニフォームをつくるときのコツについてお話ししました。
心を鼓舞してくれるユニフォームを身につけたら、どんな試合にも勝てそうな気がしますよね。

体育祭でおそろいユニフォーム!注意するべきポイントは?

「もうすぐ体育祭だ!クラスでユニフォームをつくりたい!」
みんなでおそろいのユニフォームを着て競技をすると、団結力がより高まるような気がしますよね。
今回は、体育祭などでユニフォームをつくるときのポイントについてお話しします。

□飽きの来ないデザインを!

体育祭で着るユニフォームは、目立つことやその時の流行を反映させたものも面白いですよね。
しかし、ユニフォームのデザインを決めるのは体育祭よりかなり前です。
早く決めたくて何となく決めてしまったり、その時ちょうど流行している言葉をプリントしたりすると、後々後悔することがあるので注意が必要です。
あまりにも決まらない場合は、飽きがこなくてかっこいいサッカーのユニフォームなどにしてしまうのもおすすめです。

□早めに発注を!

体育祭や文化祭は、ほとんどの学校が同じくらいの時期に開催します。
そのため、ユニフォームをつくろうと考える人が増えるのも同じくらいの時期なのです。
さらに、クラスみんなでおそろいのユニフォームを着るとなると30枚程度の数が必要ですよね。
デザイン決めや色決めで時間がかかることを予想して、早めに動き出すことをおすすめします。

□まとめ

以上、体育祭用にユニフォームをつくる際のポイントについてお話ししました。
「同じチームにいる」
という気持ちを高めてくれるユニフォーム。
おそろいのユニフォームを着て団結し、みんなで最高の思い出をつくってみてはいかがでしょうか。

ユニフォームと色の関係は?色が与える効果とは

ユニフォームとその色との関係について考えたことはありますか?
ユニフォームにはさまざまな色がありますが、それぞれの色には何か意味があるのでしょうか。
今回は、二つの色を取り上げて、その色が与える効果についてお話しします。

□青が与える効果

青色には、知的なイメージ、落ち着き、信頼感、爽快感、クールなイメージなどを与える効果があります。
また、集中力を高める効果があるとされていて、多くのユニフォームに使用されていますね。
さらに、熱くなりすぎてしまいがちなスポーツの試合中に冷静さを取り戻す力も備わっています。
しかし、熱くなりたい場面で盛り上がり切れないというデメリットもあるようです。

□赤が与える効果

赤色には、活力や攻撃性、エネルギーを引き出す効果があるとされています。
試合をする際には、このようなパワーが必要になる場面が多いですよね。
また、相手の闘争心をあおる効果もあり、相手を興奮させてしまう効果もあるようです。
それが逆効果になって、冷静さを欠いてしまうことがよくあるので注意が必要です。

□まとめ

以上、ユニフォームの色と、その色が与える効果についてお話ししました。
今回紹介した二色のどちらにも、メリットもデメリットもありますし、他にもいろんな色とそれぞれの効果があります。
自分のスタイルに合っている色を見つけてみてはいかがでしょうか。

ユニフォームをつくりたい!おすすめの色は何色?

ユニフォームをつくることを決めたけれど、色がなかなか決まらないという方はいらっしゃいませんか?
ユニフォームの色は、印象を大きく左右する大切なポイントですよね。
今回は、ユニフォームにおすすめの色とその効果についてお話しします。

□エネルギーとインパクトの赤!

赤い色のイメージというと、どのようなものを思い浮かべますか?
情熱の色や炎の色、というイメージが多いですよね。
赤い色には、エネルギーを高めて気分を高揚させる効果があります。
また、着ている人だけではなくそのユニフォームを見る人にもパワーを与えるという効果もあります。

□団結と集中の黄色!

ユニフォームの色を考えるときに、意外と出てこない黄色にも魅力的な効果があります。
黄色には、気分を楽しくして解放するという効果や、ユニフォームを着る場面で多く必要とされる団結力を高める効果があります。
さらに、寒色に多い、集中力を高める効果も備わっています。
ハッピーな気分で、なおかつ集中力も高められる優秀な色なのです。

□まとめ

以上、ユニフォームにおすすめの色とその効果についてお話ししました。
色にはそれぞれ身につけたとき、見たときに与える効果があります。
ユニフォームを着る場面や、求める効果によって色を決めてみてはいかがでしょうか。

ユニフォームをきれいにしたい!上手に洗濯をするコツは?

「ちゃんと洗っているのに汚れが取れない…。」
土がこびりついた汚れはなかなか落ちなくて厄介ですよね。
お子さんのユニフォームの選択に苦労している方はいらっしゃいませんか?
今回は、ユニフォームをきれいにする洗濯のコツをお話しします。

□泥や土で汚れた場合は注意!

ユニフォームが泥や土で茶色くなってしまったら、そのまま洗濯機に入れるのは危険です。
そのような泥や土の汚れは洗剤でもうまく溶けないため、そのまま洗濯機に入れると細かい粒が繊維の中に入ってしまってさらに落ちにくくなってしまうのです。
まず、ついている泥を乾かしてできるだけ払ってから洗濯をすることがおすすめです。

□余洗いがポイント!

頑固な泥汚れの部分には、粉上の洗剤や衣類用の漂白剤を塗りこみましょう。
そうしてからユニフォームを裏返してぬるめのシャワーを当て、手で払うだけでは取れなかった汚れと泥を落としましょう。
この処理をして洗濯機に入れると、汚れが格段に落ちやすくなります。

□まとめ

今回は、ユニフォームの洗濯のコツをお話ししました。
お伝えしたコツを実践して、泥だらけのユニフォームをきれいによみがえらせてみてはいかがでしょうか。
きれいなユニフォームを着ていたらやる気もアップしそうですよね。

こんなにおしゃれなの?ユニフォームの襟の種類!

「ユニフォームを購入したいけれど、どうせ買うならおしゃれなものがいい!」
そんな風に考えている方はいらっしゃいませんか?
実はユニフォームには様々なデザインがあります。
今回は、その中でも特に襟(えり)のデザインに注目していくつか紹介いたします。

□こんなにあった!おしゃれ襟

*丸襟

いちばんスタンダードな形の丸襟は今も昔も人気な形です。
飽きのこないデザインで、ずっと着られるのもポイントですね。

*V襟

丸襟とは少し差を付けたいときにはV襟を選んでみてはいかがでしょうか。
また、このようなV襟には首や顔周りをすっきりと見せてくれる効果があるのです。

*ポロ襟

おしゃれなユニフォームを選ぶならポロ襟がおすすめです。
ポロシャツのような襟が付いたユニフォームで、センスをアピールできます。

*ハイネック

シンプルな形がいいけれど、普通だと物足りないという方はハイネックデザインを選んでみてはいかがでしょうか?
少し変わったデザインでスタイリッシュに見せられます。

*切り替え襟

襟の部分の記事を切り替えているので、少しこだわっているのを見せられます。
珍しい形なのもかわいいですよね。

□まとめ

以上、ユニフォームの襟の種類についていくつかお伝えしました。
気に入ったデザインは見つかったでしょうか。
かわいい襟を選んで、ユニフォームをおしゃれに着こなしてみてはいかがでしょうか。

文化祭の思い出を残そう!ユニフォーム選びのポイント!

「文化祭でユニフォームを着たい!」
高校生の一大イベント、文化祭。
その日にクラス全員でおそろいのユニフォームを着るなんてとっても素敵ですよね。
今回は、文化祭で着るユニフォームを選ぶときのポイントについていくつかお話しします。

□男子も女子も気にいるおしゃれさが必要!

クラスの全員が着るということは、男子も女子も気に入るデザインを選ばなければいけませんよね。
どちらかの意見に偏ってデザインを決めないように注意が必要です。
男女兼用のデザインでおすすめなのが、サッカーや野球のユニフォームです。
特にサッカーのユニフォームはデザイン性が高く、おしゃれなものが多いです。
女子も納得するおしゃれなデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

□サイズ展開をチェック!

クラスの中には、背が高い人、低い人、がっしりした人、すらっとした人などさまざまな人がいますよね。
そのため、全ての人に合うサイズがあるのかどうかを確認することが大切です。
特に、背が高く体格がしっかりした人がいる場合は、その人に合うサイズがあるかどうかチェックするようにしましょう。

□まとめ

以上、文化祭で着るユニフォームを選ぶときのポイントについてお話ししました。
クラスみんなでおそろいのユニフォームを着たら、団結力が高まって最高の文化祭になりそうですよね。

ユニフォームが茶色に!なかなか落ちない泥汚れの落とし方

「ただいまー!洗濯物お願い!」
部活やクラブを頑張ってきたお子さんのユニフォームを見ると、泥で真っ黒…。
こんな経験をしているお母さんは多いのではないでしょうか。
今回は、ユニフォームについてしまった泥を落とす洗濯の方法についてお話しします。

□泥は溶けません!

汗や染みと違って、泥汚れは洗剤では溶けません。
つけ置くのが効果的だというのは正しいのですが、汚れているユニフォームをそのままにぬるま湯につけると汚れが奥まで入ってしまって逆効果なのです。
まずは乾かしてからできる限り砂を払いましょう。

□最強の秘密兵器!?

泥汚れを落とすのにものすごく効果的な道具を紹介します。
それは
「ブラシ」
です。
ブラシと聞くと、髪をとかしたり洋服の生地を整えたりするイメージがあるかもしれませんが、ここで取り上げているのは洗濯用のブラシのことです。
先ほどお伝えしたように土や砂をできる限り落としたあとにせっけんとブラシで洗うと、驚くほど汚れが落ちるのです!
せっけんは、固形のものがおすすめです。
最近は洗濯用の固形せっけんにもさまざまな種類があるようなのでチェックしてみるといいかもしれません。

□まとめ

以上、ユニフォームについた土や泥の汚れを上手に落とす方法についてお伝えしました。
ぜひ次の洗濯から実践してみてくださいね。
少しでもお力になれたら幸いです。

ユニフォームのプリント方法の昇華プリントについてご紹介します。

ユニフォームのプリント方法は大きく分けて二つあります。
一つは、背番号や名前、ロゴなどのマークをくっつける従来の方法です。
もう一つの方法は、昇華プリントです。
今回は、この昇華プリントについてご紹介します。

□昇華プリントとは

昇華プリントでは、専用のプリンタや機械を使用します。
そして、昇華プリントで使用するインクを、特殊な技法によって、ユニフォームの繊維に直接染めます。

□従来の方法との違い

従来の方法では、マークを、圧力によってユニフォームに貼り付け(はりつけ)ていました。
しかしその方法には、何度も洗濯することでマークが剥がれやすくなるというデメリットがありました。
しかし、昇華プリントの場合は、マークを貼り付けることはありません。

□昇華プリントのメリット

昇華プリントの場合は、生地に直接インクを染めて仕上げるので、プリント部分もユニフォームの生地を残すことができます。
そのため、マーク部分の肌触りがよく、伸縮性が優れるというメリットがあります。
さらに、マークが洗濯によって剥がれ(はがれ)やすくなることもありません。

□まとめ

今回は、昇華プリントについてご紹介しました。
ユニフォームを作ることがありましたら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。